設立趣旨

地方分権改革は、「地域のことは、地域で決める」というものであり、地域の実状や、地域住民の意向から政策を決定し、その結果、責任も地域住民が負うという改革であります。しかしながら、地方の衰退や地域間格差が顕著になっております。
都市化、核家族化、少子高齢化などに伴い、横のつながりにおいては、地域内での結びつきが希薄化し、地域コミュニティが衰退しつつあります。縦のつながりにおいては、世代を超えて受け継いでいきたい日本の心の文化が忘れられようとしております。さらに個人に視点を置けば、時代の加速度的な流れの中にあって、アイデンティティを支える教育・倫理・文化などの著しい変化は、日常生活の様々な事象において、進展と諸問題とを発生させております。
このような不安感・不信感の社会状況の中で、いかに生きがいを求めクオリティ高い生涯を送るか、一人一人が社会事象に主体的に関わるか、そして人と人とが支えあう地域コミュニティを醸成し、誇りある住みよい郷土(ふるさと)づくりをいかに実現するかは、重要な課題であると考えます。
ここにおいて、上記の公益性ある課題の実現に寄与することを目的として、当法人を設立する事といたしました。
生涯学習や教育啓発活動など文化的視点から、行政の不得手な事業と民間ではできない事業の隙間を埋める法人として、目的の実現を志向した意識調査及び政策研究を行い、地域社会に向けて情報発信や学習の機会を提供するものであります。また、これらを通じ当法人関係者は、社会と郷土に貢献し、恩返しをする機会を得るものであります。

一般社団法人 グリーンシャワー総研
代表理事    小野塚 久枝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>